-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-15 09:38 | カテゴリ:操体法・足趾の操法
操体法・足趾(そくし)の操法のワンコイン(20分)体験会を行います。

日時  2015年9月5日(土)  11:00~
     どんぱくの日です。
     
場所  パステルビル   北大通り4丁目1     
     (元のわっと、昔のマルカツビル)
    
     (パステルパーク・パステルタウンは
     駐車場でしたね)

     パステルパークはすぐそばです

料金  基本は20分で500円
     ご希望でもっとゆっくり・・・という方は

     20分ごとに500円
     


お祭で歩き回って足が疲れたら来てみてくださいね。 

もも裏のイヤな痛み、ひざ・腰の痛みにも試してみてください。
スポンサーサイト
2015-08-08 08:53 | カテゴリ:操体法・足趾の操法
操体法・足趾(そくし)の操法のワンコイン体験会を行います。

日時  2015年8月8日(土)と9日(日)
     8日は11:00~16:00
     9日は11:00~16:00(最終受付は15:30)の予定です。
場所  パステルビル(元のわっと、昔のマルカツビル)北大通り4丁目
     (パステルパーク・パステルタウンは駐車場でしたね)



 身体には自らを治そうとする力があります。その力を助けるのが操体法・足趾(そくし)の操法です。

 足趾(そくし)とは、足の指のことです。
 主に足から全身を整えていきます。
 「足から」というと「痛いのでは」と思われがちですが、多くの方たちが「気持ちが良い」とおっしゃいます。多少の痛みがあった方も終わる頃には軽減されます。


 操体法とは、仙台の橋本敬三医師(1897-1993)が創案・体系づけた治療法のことです。

 昭和初期、橋本医師は腰痛・膝痛など整形外科にかかるような患者を治療するために様々な民間療法を試しました。その中で出会った高橋迪雄(みちお)氏の正體術矯正法を医学的な認識に基づいて創案・体系づけました。

 昭和51年、NHKテレビのドキュメンタリー番組で、橋本医師の矯正療法として紹介された操体法は全国的に注目を集めました。


特にもも裏のイヤな痛みがある方、腰・ひざの不調をかかえている方、試してみませんか。
2015-03-07 16:53 | カテゴリ:未分類
秋篠宮家の二女、佳子さまが国際基督教大のAO入試を受けたという報道がありました。
姉の眞子さまも国際基督教大学を今年3月に卒業されています。


姉妹揃ってICUに通うことは一般的には何の不思議もありませんが、皇室の伝統行事等は全て神道に基づくもの。

国際基督教大学のホームページによると、「国際基督教大学は、基督教の精神に基づき、自由にして敬虔なる学風を樹立し、国際的社会人としての教養をもって、神と人とに奉仕する有為の人材を養成し、恒久平和の確立に資することを目的としています。 本学は、国際的協力により設置された大学として、その名に示される通り、国際性への使命(I)、 キリスト教への使命(C)および学問への使命(U)の3つを掲げ、目的の実現に努めています。」と記載されています。


皇位継承権第2位の秋篠宮文仁親王の内親王お一人が基督教の精神に基づき、基督教への使命をもつ「国際基督教大学」を卒業し、お一人が入学を希望しているわけですから、「宗教と学問をしっかりわけて考えている」という事でもあるのでしょうが、世界的に考えると、きっと宗教にも寛容ということなんじゃないかと思った次第です。


何とも「日本」らしい。





2015-02-22 14:20 | カテゴリ:ゆる体操のこと
一昨年からいろいろなことがあり、一昨年は3ヶ月、昨年から今年にかけては丁度半年、千葉県に住んでいました。

昨年は私のいない間も自主的に続けてくださった教室もあり、皆様には大変感謝しております。

昨年9月と11月に釧路に帰って来た時には多くの皆さんに教室に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。


様々な事情から、土曜日や夜の教室はやめることにしましたが、平日の日中の教室については今後も以前と同じように続けることが出来ることになりました。
皆様本当にありがとうございます。

今後もよろしくお願いいたします。

教室の日程については、下記でご確認ください。
ゆる体操教室 教室日程

無料体験も教室の日程で行っています。
2012-05-13 00:37 | カテゴリ:食べる・飲む
【ブラッセリー中なか】に行ってきた話をしたら、「みんなで行こう!!」という話になりました。



最初はカニの子
「これでもか」っていうくらい、しっかりカニの味がします。

次は自家製ハム
中なか 自家製ハム 圧縮

火は通っているのにピンク色・・・以前食べた時にとっても美味しかったので、お願いして作ってもらったものです。


お造りは本マグロの中トロと「たんたか」・・・「マツカワガレイ」とも言うようですが、知る人ぞ知るという高級魚です。
かみ応えのある身が鮮度の証ですね。




そしてキンキ
中なか きんきの蒸し物 圧縮
お魚ももちろん美味しかったのですが、キンキの下に隠れているタケノコが絶品です。

家でも筍を買って米ぬかや鷹の爪とゆでて調理しますが、この味には決してなりません。

写真がうまく撮れていないのが残念ですね。


この後にはこれも自家製らしい鯨のベーコンにカラシをつけていただきました。



握りは本マグロの赤身と中トロ、それにたんたかとサーモン。


最後はゆずのシャーベット



これでもかっていうくらいの高級食材を、手間を惜しまず丁寧に調理してあります。

季節の食材がとっても美味しく食べられることって本当に贅沢ですね。
これだけのお料理は、このお店で出されている金額では他では決して食べることはできません。


ブラッセリー中なか
〒085-0013 住所 北海道釧路市栄町3-1  ユニオンセンタービル2F
TEL 0154-25-2339
営業時間 18:00~CLOSE
定休日 不定休
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。