FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-09 08:17 | カテゴリ:認知症・たんぽぽの会
まだしばらく時間はかかるのでしょうが、アルツハイマー病の根本治療に一歩前進


NHK NEWS WEBより
「アルツハイマー病の患者から、体のあらゆる組織や臓器になるとされるiPS細胞を作ることに慶応大学の研究グループが世界で初めて成功しました。このiPS細胞を神経に変化させたところ、発症に関係する異常なたんぱく質を多く作り出したということで、治療法の開発に役立つと期待されています。

慶応大学の岡野栄之教授と鈴木則宏教授らの研究グループは「家族性アルツハイマー病」の40代の患者から提供を受けた皮膚の細胞に特定の遺伝子を入れ、iPS細胞を作ることに世界で初めて成功しました。アルツハイマー病の患者の脳には「ベータアミロイド」という異常なたんぱく質が蓄積することが知られていますが、このiPS細胞を神経に変化させたところ、通常の2倍のベータアミロイドを作り出すことを確認したということです。研究グループでは、さらにiPS細胞を基にした神経の細胞を使って、アルツハイマー病の新たな治療薬の候補物質の絞り込みを進め、「ベータアミロイド」を3分の1にする物質を見つけたとしています。岡野教授は「患者に由来するiPS細胞を使うことで、これまで直せなかった病気の治療法の開発に一歩でも近づきたい」と話しています。」


遺伝性アルツハイマー患者iPSから神経細胞


「アルツハイマーからIPS」・・・NHK


ES細胞の培養に成功
培養した神経幹細胞を移植することによって、脳細胞の異常によって起こる難病を根本的に治療できる可能性があるとのことです。

 パーキンソン病やアルツハイマー病、ALS、てんかんは、その種の病気です。例えばパーキンソン病は、中脳の黒質と呼ばれる部分の神経細胞が侵され、ドーパミンという神経伝達物質が減っていき、手足などの運動障害が徐々に進行して行く病気です。ドーパミンを作る細胞を脳内に植え付けることができれば、回復が期待されます。
岡野教授らは今回、パーキンソン病に関わりのあるドーパミン作動性神経細胞、ALSに関わりのある脊髄運動神経細胞、アルツハイマー病と関わりのある前脳型アセチルコリン作動性神経細胞、てんかん抑制と関わりのあるGABA※2作動性神経細胞を作り出しました。
用いた大元(おおもと)の細胞はES細胞ですが、ES細胞を培養し、目的の神経細胞に分化・誘導することはきわめて難しい作業です。

動物実験で脳の神経細胞の再生に成功


今すぐ・・・と考えると、コーヒーも良さそうです。
このことについては次回に・・・。


関連記事
【ジャンル】:心と身体 【テーマ】:認知症
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://yuru946.blog.fc2.com/tb.php/41-1b046e50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。